無料新規登録はこちらから

インスタグラム

白いデスクの上のスマホとティーカップ

リールとフィード・ストーリーの違いは何?使い分けのコツをハンドメイド作家が解説♪

インスタグラムは使っているけれど実はリール、フィード投稿、ストーリーズなどの機能が多くて、どんな投稿の仕方がいいのか悩んだことありませんか?

こちらの記事では、投稿種類の名前は知っているけれど違うところはどこ?と聞かれるとちょっとわからないかも、という方向けに、インスタグラムで発信出来るリール、フィード投稿、ストーリーズの3つの違いについてご紹介させていただきます。

使い分けのコツでは2児を子育てしているハンドメイド作家の体験談も交えてお伝えします。それぞれの特徴を知ることで投稿にかかる時間も短縮できますので、育児や家事、お仕事で忙しい方もぜひ参考にしてみてくださいね♡

リールとは

スマホとコーヒーカップ、ノート

まず初めにインスタグラムの投稿手段の中からリールについてお話していきます。今現在インスタグラム利用者のほとんどがリール動画に挑戦しているのではないでしょうか?リールとはどんな投稿かお話していきます!

最長90秒の縦動画

リール動画を投稿したいなと思った時、リール動画の制作や編集、投稿はすべてインスタグラム内で出来るようになっています。例えばおこさまの日々の動画や写真を組み合わせて完成するショートムービーのようなイメージと思ってください。

画面はフィード投稿やストーリーズ同様、縦になっていて短い動画から90秒まで簡単にリール動画を作ることが可能です。

まだリール動画作ったことない、という方や作るのは難しいなと感じていたら、時短で気持ちがこもったリール動画の作り方をまとめている記事も参考にしてください!

Instagramストーリーズハイライトをリール変換する手順と3つのメリット♪

リールのメリット

90秒の縦動画である特徴以外にも、リールには多くのメリットがあります!

「いいね」やコメントもできる

機能面では、フィード投稿と同様に「いいね」やコメントすることが出来ます。インスタグラム内の下部メニューバーの真ん中リール動画をタップすると、リール動画を上にスワイプしながら見ることが出来ます。

リールのボタンがある

インスタグラム画面の下の方にメニューバーがあり、その中にリールボタンがあることでフォロワー以外の目にも止まりやすくなり見てもらう確率がグンッと上がります。

ダイナミックな動画

リールが表示される時の画面は縦に全画面で表示されるため、迫力満点の動画を見てもらうことが出来て、興味を惹きやすいです。

プロフィールページにリール用タブがある

先程もお伝えしたようにリールボタンがあることや発見タブに表示されたりします。さらにインスタグラムのプロフィールページにはリールのタブがあるため、例えば発見タブから飛んできた方が他のリールも見てみたいなと思った時、すぐにアクションを起こしてくれやすくなっています。

デメリット

続いて他の機能と比べてデメリットや不便である点をご紹介します。

時間と手間がかかることもある

リールを作成するにあたり、よりいいものを届けたい気持ちが膨らみ編集時間が長時間になってしまう場合があります。ちなみに動画の画質が悪いものや動画画面の全てをテキストで埋めてしまうなどすると、あまり反応が貰えないかもしれません。動画作りは見る側の気持ちも考えながら作ってみましょう♡

リンクが貼れない

リール動画内にはリンクを貼ることが出来ないため、リール動画をみたあとご自身のサービスまでの誘導導線が非常に大切になっています。

足跡がつかないため閲覧者が分からない

足跡がつかないためリール動画がどんな方の心にとまったのかわかりません。そのため「いいね」やコメントが貰えるリール動画作りが大切になってくるのかもしれませんね♡

リールとフィード投稿、ストーリーズの違い

ここからはそれぞれの投稿方法の違いについてまとめてありますのでご紹介していきます。表にしてありますので参考にしてみてください!

※1:動画を投稿する場合の注意点
動画をフィード投稿した時はリール動画として投稿されるようになっています。リール動画として投稿するのではなく、フィード投稿として投稿したい場合は複数の動画を1度に投稿する、または写真と組み合わせて投稿することが必要なので気を付けてくださいね!さらに1部のユーザーは最大60分まで投稿することが可能だそうです。
※2:ハイライトにすれば消えない
投稿したストーリーズは24時間で消えてしまいますが、ストーリーズハイライトに残しておくとインスタグラム内のプロフィールページで見続けることが出来ます。
※3・4:足跡がつくのはストーリーズのみ
リール動画やフィード投稿は「いいね」やコメント機能があります。こちらにアクションをすると相手や全ての人が閲覧できます。見るだけでは足跡はつきません。一方、ストーリーズは閲覧すると足跡が残りますが、投稿から24時間たつと投稿者からも見ることが出来なくなります。

 

リール動画

  • 動画の長さ:90秒
  • 表示時間:永遠
  • 発見タブ: 表示
  • 表示サイズ: 縦全画面
  • 足跡: つかない ※3

フィード投稿

  • 動画の長さ:3~60秒 ※1
  • 表示時間:永遠
  • 発見タブ: 表示
  • 表示サイズ: 投稿サイズまで
  • 足跡: つかない ※3

ストーリーズ

  • 動画の長さ:60秒
  • 表示時間:24時間 ※2
  • 発見タブ: 表示なし
  • 表示サイズ: 縦全画面
  • 足跡: つく ※4

以上がリール、フィード投稿、ストーリーズも違いになります。ご自身が投稿するときに悩んでしまったらぜひ見返してみてください。注意点は覚えておくと便利ですよ!

 

フィード投稿の特徴

白いデスクの上の腕時計とスマホ、手帳

リールとフィード投稿、ストーリーズの違いはお分かりいただけたと思いますが、フィード投稿の特徴についても解説しますね。

  • 機能が充実している
  • ブランディングに役立つ
  • 表示画面が全画面でない

 

機能が充実している

「いいね」やコメントが貰えるため投稿の反応がわかりやすくなっています。さらに位置情報追加であったりハッシュタグ検索から見てもらうことが出来ます。

ブランディングに役立つ

フィード投稿された写真や画像はプロフィールページで6~9投稿をパッと見ることが出来るため、アカウントの印象を決めます。世界観を統一したりすることであなたにもファンができるかもしれません♡

こちらではLiliおとなかわいいブランドスタイリングもご用意がありますのでブランディングについてお悩みの方はこちらもチェックしてみてください!

表示画面が全画面でない

フィード投稿ではリールやストーリーズとは表示される画面の大きさが小さくなってしまいます。全画面ではありません。そのため動きで魅力を伝えたいと思った場合はフィード投稿はおすすめ出来ません。

ストーリーズの特徴

コーヒーを飲みながらスマホを見る女性

続いてストーリーズの特徴です。

  • 表示は24時間
  • リンクが貼れたりリポスト機能がある
  • ブランディングに役立つ
  • 表示画面が全画面でない

 

表示は24時間

リール動画やフィード投稿は削除しなければ永遠に残りますが、ストーリーズは投稿から24時間経つと自動的に消えるようになっています。そのためフィード投稿などの世界観を崩さず日常の些細なことも投稿出来るようになっています。

リンクが貼れたりリポスト機能がある

「いいね」やシェアすることも可能であったりリンクを付けることが出来たりします。音楽を追加したりスタンプなども押すことが出来て見に来てくれた方を喜ばせることが出来ます。

さらにリポスト機能というものがあり、これを使うとリールやフィード投稿をストーリーズで見てくれる方に何度もシェアすることが出来ます。そのため投稿しただけでは見てくれなかった場合でも気軽に見ることが出来るストーリーズに投稿することで見てもらえる確率が上がるでしょう!

リポスト機能は自身の投稿だけでなく別のアカウントもストーリーズとして投稿出来ます!

個人情報が特定される危険がある

先程メリットでもお伝えした通り日常の些細な投稿もすぐに投稿出来ることがきっかけで、あまりにも現在地がわかるものやプライバシーな内容を投稿しすぎるとトラブルに巻き込まれることもあります。お気をつけて投稿してみてくださいね!

著作権にも注意

気軽に投稿出来るがゆえ著作権や他人が写ったまま投稿してしまった、などのトラブルもあります。こういった観点からも見直して投稿してみてくださいね!

リール・フィード投稿・ストーリーズの使い分けのコツ

白い壁と写真

ここからはハンドメイド作家である私の体験談も踏まえてリール、フィード投稿、ストーリーズをどんな時に使うといいのかなというところを紹介していきますね♡それぞれの特徴を最大限使いこなして、目的に合った投稿手段を見つけましょう。

魅力を伝える(リール・フィード投稿)

リールは、静止画だけでは伝わらない商品などの魅力を動画で伝えることができます。実際に商品の使い方を動画で伝えられると購入を迷っている方の背中を押すかもしれません。

フィード投稿では商品の購入の仕方だったりマルシェやワークショップ開催のお知らせなど情報が多いときに使うと相手に情報が伝わりやすいです。

動画で想いを伝える(リール)

動画で想いを伝える方がキャプションで伝えるより心に響くこともあります。リールを使って、文字を入れてハンドメイドを始めたきっかけや商品に込めた気持ちを動画にするのもいいかもしれませんね♡

投稿を見返してほしい(フィード投稿)

フィード投稿にはインスタグラム投稿手段の中でフィード投稿には保存機能があります。

投稿を見てくれた方に有益な情報を伝える内容を投稿して保存してほしい場合はフィード投稿を使ってみましょう。保存することで見返して貰ったり別の投稿にも興味を持って貰えます。

リンクを貼る(ストーリーズ)

ストーリーズにはリンクを貼ることが可能です。販売活動をしている場合、商品と合わせて販売場所に1アクションで誘導することが出来ます。

繰り返し告知をしたい(ストーリーズ)

ストーリーズは、告知したけれどもっとお客様を集めたいと思った時にフィード投稿より簡単に発信することが出来ます。

販売開始や終了のお知らせをフィード投稿で何度もするのは大変だったりする時や、しつこい印象を与えてしまうかもと思った時はストーリーズを活用すると良いです。ストーリーズは相手側も気軽に見ていることが多いと思うので気にならないでしょう。

シェアして共有できる(ストーリーズ)

ストーリーズにはリールやフィード投稿、ストーリーズをシェアする機能があります。

例えば商品を購入してくださった方がインスタグラムに写真を載せてくれた場合、ストーリーズでシェアしてお礼を伝えるなどコミュニケーションが取りやすいので次の販売活動に繋がります。

企画に使う(ストーリーズ)

「ストーリーズでシェアしてください♡」プレゼント企画などを行う告知投稿でよく見かける言葉だと思います。

私はハンドメイド作家もしてますので例えばプレゼント企画などをした時に、応募者のことがわかりさらに応募者のフォロワーに宣伝効果もあるため使う方が多いです。

 

ハンドメイド作家がリールを使う際の注意点

ハンドメイド作家が投稿するリールのほとんどが作品になると思います。そのため1番見て欲しいものが画面下部のキャプションに被ってしまったり、画面右横のアイコンやいいねボタンに被らないように作りましょう!

時間や労力、想いを込めて大切に作った作品ですので、見切れたり被ってしまうともったいないですよね!リールを編集する時には、作品を表示させる位置には注意を払いましょう。

まとめ

ドライフラワー

みなさまいかがでしたでしょうか?ここまでインスタグラムで発信するリール、フィード投稿、ストーリーズの違いについて解説してきました。今まで曖昧なまま投稿していた方も発信内容や目的に合わせてぜひいいとこどりして投稿してくださいね♡

さらに投稿方法を使い分けることで迷いがなくなり少しでも時短に投稿出来ます。私のように子育てママさんだったり自身のサービスと両立していて忙しい方は心の片隅に入れておくと便利ですよ♡

より時短でInstagram投稿をしたい方には、当ブログを運営しているLiliデザインアカデミーの校長こんのりりがCanva公式クリエイターとして、大人かわいいデザインのテンプレートを公開しているので、ぜひご活用ください。
Canva公式クリエイターこんのりり紹介画像

さらに当アカデミーではインスタグラムで使えるデザインの体験会を開催中です。大人かわいいデザインの有料級レッスンが、今だけ無料で受けれる体験レッスンとなっています♪この記事を読んで興味がわいた方はぜひ参加してみてください!

体験会のお知らせ

この記事を書いたライターさん

なな

群馬県在住/_gramデザイナー、ハンドメイド作家。インスタグラムにてあざかわデザイン発信中♡

Cover Photo:むつみ、Design:成海はるか

白いデスクとパソコン

Instagramストーリーズハイライトをリール変換する手順と3つのメリット♪

みなさんは「家事や育児の合間に時短でInstagramのリール動画を作りたい!」や「毎日Instagram投稿しているとネタがない!」と思ったことありませんか?

実は…♡パッとできて、サッと投稿できる夢のような機能があるんです!それがInstagramストーリーズハイライトからリール変換!!リール初心者の私は2児のママで子育て中ですがこの機能にとても助けられています。

こちらの記事では、みなさんのそんなお悩みを解決♡Instagramストーリーズハイライトからリール変換が直ぐに実践できる手順とメリットを、わかりやすく解説します!

Instagramストーリーズハイライトをリール動画に変換する手順

Instagramのハイライトをリールに変換する基本のやり方は、これからご紹介する4つのステップです♪

①使いたいハイライトをタップ

Instagram手順イメージ画像

最初にInstagramのプロフィール画面から使いたいハイライトを決めます。

後ほどお伝えしますが、使いたいハイライトの名前を‘リール用‘などとしておくと便利です!

②リール動画に変換を選択

Instagram手順イメージ画像

手順
  1. 画面右下にある〔・・・その他〕をタップ
  2. メニュー一覧の中から〔リール動画に変換〕をタップ

手順通りにすすめればとても簡単です♪

③リール動画を編集する

Instagram手順イメージ画像

手順
  1. 〔検索マーク〕から選ぶ、もしくは並んでいる音源をタップ
  2. 画面右下にある〔→(矢印ボタン)〕をタップ
  3. リール動画に問題が無ければ〔次へ〕をタップ

Instagramでは編集の時、おすすめの音源から選ぶと音楽に合わせてストーリーズ画面を自動的に動かしてくれるので便利です!

さらに左下の〔スキップ〕を押すと音源無しのままリール動画の編集画面に移ります。

②の矢印ボタンを押したあと、文字入れやスタンプ、エフェクトを付けたい場合はこちらのリール動画編集画面で編集してください。

④シェアする

Instagram手順イメージ画像

手順
青いボタン〔シェア〕をタップ
(キャプションの記入、カバー画像の編集はこのページでできます。さらにフィードでもシェアや人物のタグ付け、場所の追加もぜひ行ってみてください。)

大まかな流れはこの4ステップでとても簡単にリールへ変換できます♡

できたリール動画を編集する方法

白い壁と写真

ここからはInstagramストーリーズハイライトからリール動画に変換した時の編集のやり方になります。

  • ストーリーズの並び順を変える方法
  • 表示時間を変える方法

この2つを分かりやすく解説しますね♡

ストーリーズを並び替える

Instagram手順イメージ画像

手順
画面左下〔クリップ編集〕をタップ

Instagram手順イメージ画像

 

手順
  1. 画面下のメニューバーから〔並び替え〕をクリック
  2. 並び変えたいストーリーズを長押してドラッグ
  3. 並び変えたら〔完了〕をクリック
  4. 〔-(マイナスボタン)〕をクリック、選択したストーリーズを削除する

長押ししてスライドすると、全てのストーリーズの順番を自由に入れ替えることが出来ます。手順通り進めていくと出来ますのでぜひ試してみてくださいね!

1つのストーリーズの表示時間を替える

 

Instagram手順イメージ画像

手順
1.表示時間を変えたいストーリーズをタップ
2.枠部分をドラッグして表示時間を編集
3.編集が終わった後〔すべてのクリップ〕をタップ
4.画面右下の〔:再生ボタン:〕再生ボタンをタップするとリール動画の確認ができる

並び替え同様に〔クリップ編集〕をクリックしたあとからの解説になっています。表示時間の変更もしたいなという方は参考にしてください。
シェアする前に1度再生ボタンで見ておくと、ミスすることなく素敵なリール動画が出来上がりますのでやってみてください。

Instagramハイライトをリール動画に変換する時のポイント

コーヒーを飲みながらスマホを見る女性

ここからは、知っておくと便利なInstagramストーリーズハイライトからリールに変換するときのコツを紹介しますね。

リール用ハイライトを作ってからリールに投稿

リール用ハイライトとは、リールを作るために事前にハイライトにストーリーズを集めておくことを言います。こうすることで編集時間を短縮することが出来ます。

伝えたい事を集めておき、リール用ハイライトを作っておきます。その後ストーリーズハイライトをリール動画に変換する手順を踏むと作ることが出来ます!

最後に作ったリール用ハイライトは削除すれば完成です!ハイライトの名前を「リール用」などとわかりやすくしておきます。そして、リール用と名前を付けたハイライトに同じ内容のストーリーズをためておくとより時短に作ることができますよ♡

ハイライトからリールを作るまで所要時間はたったの3分♡私のような子育て中ママさんや今日は忙しい…けど投稿もしたい♡といった方にとってもおすすめです!

ちなみに過去のストーリーズもアーカイブに保存してあればリール動画を作ることができます。ぜひ試して見てください!

リール投稿で気を付けること

Instagramではリールを投稿する時には注意点もありますので覚えておきましょう。

  • リールにリンクは貼れない
  • リールに使えるのは10枚のみ
  • 1度投稿したリールは音楽やエフェクトを変更、追加できない

リールにリンクは貼れないため、リンクを貼りたい場合はプロフィール欄やストーリーズ、ショップ機能を使います。

また、ストーリーズハイライトからリールに変換できるストーリーズの枚数は10枚までになっています。それ以上は出来ないので使うストーリーズを考えてからつくるようにしてくださいね。

さらに、1度投稿したリールはカバー、キャプション、タグ付け以外の再編集ができません。音楽やエフェクトを変更、追加することができないので、確認作業を忘れずにおこないましょう♡

Instagramハイライトをリールに変換するメリット3つ

花とコーヒーカップ

最後にInstagramのストーリーズハイライトをリール動画に変換するメリットを3つご紹介します。

①リールのネタがない時に役立つ

Instagramでリール投稿を多くしている方はリールネタがないと困る時があります。ストーリーズハイライトをリール動画にすることによりネタを1から考える必要がありません。

②時短でリールが作れる

リール投稿をするときに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。いつしかあっという間に30分、1時間とかかってしまい投稿が億劫になってしまう時におすすめです。

③リール欄に一覧表示できる

プロフィール画面のリール欄に表示されるため、より多くの方に見てもらえるきっかけになります。ハイライトの順番をかえることは出来ませんが、リール動画に変換する時は編集で順番を変えることもできます。

以上、3つのメリットを紹介しました。1つでもピンときたらストーリーズハイライトからリール動画に変換を試してみてください!

ちなみにInstagramの可愛いハイライトデザインの作り方を知りたい方はこちらの「可愛いハイライトデザインの作り方」をクリックして参考にしてください♡

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。今回はInstagramストーリーズハイライトからリール動画に変換する手順とメリットについてご紹介しました。

Instagramでリール動画をつくったことがないよ〜って方も手順通り進められると安心して作ることができます。

なおかつとても簡単に作ることが出来ますので、私のように家事や育児の合間にもピッタリです!さらにリール用ハイライトを作ることでリールを投稿する時間を短縮出来ます。

時短で作れると、忙しいタイミングや投稿するネタを考えることもありません。是非Instagramを投稿する1つのパターンとして活用してみてくださいね♡

リールについてもっと学びたい♡という方はこちらの講座をチェックしてみてくださいね♡

リールを攻略&素敵に制作する講座

この記事を書いたライターさん

なな

群馬県在住/_gramデザイナー、ハンドメイド作家。インスタグラムにてあざかわデザイン発信中♡

Cover Photo:むつみ、Design:成海はるか

 

インスタ投稿の適切な文字サイズって?

「投稿タイトルの文字サイズを教えてください!」

こんな質問を時々いただくのでお答えしますね♡

結論、これといったサイズがあるわけではなく
ギャラリーで並んだ時に読めるサイズがベストです🥰!

フォントによってサイズや見え方が違うので、
スマホの写真アプリでチェック必須です♡

それでは具体的な方法をお伝えします。

適切な文字サイズにする方法

How to① Canvaで作る

インスタの文字サイズ

Canvaでタイトル画像を作ります。
その際私はCanvaの文字サイズを70〜80くらいにしていますが、
フォントによって若干文字のサイズ感が違うので次のステップで目視してご確認ください。

How to② 3列の状態で確認

スマホにダウンロードして、写真アプリでチェック!

3列の時に文字が読めればOKです♡
ちょっと読みづらいなと思ったらまたCanvaに戻って調整し直してくださいね。

投稿デザインがグッとよくなるポイントまとめ

・ギャラリーに並んだ時に読めない説明は消そう。

・背景と同化しない色にしよう。

インスタの文字サイズ

あなたのインスタ投稿の表紙は、3列で並んだ時にもちゃんと見える文字の大きさになっていますか?
見えないタイトルになってしまうと、いくらいいキャッチコピーとデザインでもスルーされてしまいます。

残念なデザインにならないように注意しましょう♡

この記事を書いたライターさん

こんのりり

東京都練馬区在住、2児の母。 デザイナー歴15年マルチデザイナー、デザインを集客に活用するコンサルタント。わずか1年半でインスタフォロワー2万人。